演奏会

過酷なお稽古は続いています

今年に入って(2017年)、おさらい会の演奏曲を決めねばならず、とても自信もなく・・。
結局先生に選んでいただきました。
「深夜の月」という古典曲。唄もの。
それだって相当躊躇しましたが、6月のおさらい会まで、この曲一本で行っていいという条件がついたので、チャレンジです。

まずは、後出しじゃんけんみたいな唄のつけ方でちんぷんかんぷん。
掛け押しのオンパレードで四苦八苦。
歌詞の、揺れる女性の心理であたふた。

何度もへこみました。
「違う」と注意されても、自分がなにをやってしまっているか、よくわからない。
どうすればよくなるのかみえない。

飽きてはこないんです。わからないから。

でも、なんかちがう。

本番まであと半月もないころ、お稽古の録音を聞いていて、はたと気づくものがありました。
いつも録音を聞いて練習しているのですが、その時私は「先生の音」しか聞いていなかったんです。
キャッって感じ。
馬鹿ですね。自分の音聞いていないんです。先生の音を聞いてまねっこしようとしているのですが、「自分」は「その時」どう弾いて、どう唄ってるか。それを聞いていない。
自分にびっくりしました。

それに気づいたら、ひどいんです私の演奏。見えました。やっと。

最後のお稽古で、先生から「だいぶ仕上がってきましたね」と。

いや、時間かかりました。驚きます。

そんなこんなでついに本番です。
合同曲では「うてや鼓」の17絃担当。

個人曲は演奏前に解説をいれてくれるのですが、私の曲の解説をしてくれているのが、なんと「藤原道山」!! 「へ?」と思いつつお筝の前まで行ったのですが、「へ?」がだんだん大きくなって「え~?」となり、「え”~!?」になって、そのころにはもう胸がドキドキしてしまって。
道山さんが、池上社中にかかわっていることはわかっていたのに。会場にいることもわかっていたのに。もう体震え始めて・・・・
演奏を始めた瞬間、声が、声が・・・。震えています。まずい!と思うのですが、震えは止まらず。前半は唄の音程キープに必死。糸間違いしないよう心の中では目が吊り上がっていました。
手事に入ったころ、少し落ち着き始め、後唄では声量もだいぶ戻せたかな。
初めての環境とは言え、あんなにあがっちゃうもんですかね(;;)
演奏会終了後の反省会。
これが、1曲づつゲストの尺八の先生方や、眞吾先生、實先生から講評をいただくという世にも恐ろしい反省会なのであります。
とりあえず、實先生から「古典の唄いまわしが出来ていた。上の演奏」とお褒めの言葉。
励みになります。「次」へつなげられますように。

おうちライブ Vol.7

さる2月28日、田嶋謙一さんによるおうちライブを行いました。
今回は邦楽ジャーナルのほかフェイスブックでもご案内したのでこちらでのご紹介をちょっと忘れてしまいました。

賛助出演は日吉章吾さん。
プログラムは、現代邦楽5曲。
萌春 瑞星 詩曲Ⅰ番 夏色のアダージョ 上弦の曲

当初の目論見をはるかに越え、30人のお客様。・・・20人予定でセッティングしていたため、家の中はビッシリです。
当日飛び込みのお客様も結構いらして、あわてました。

午後2時半演奏開始。
お箏も尺八も「本物」だなと思わされます。
厚く、熱く。息を呑みます。
日吉さんは、曲の佳境に入ると、一切のものを近づけないオーラを全身から放出します。その張り詰めた空気に圧倒されるばかりです。
勿論その時は田嶋さんも同じ状況にはいっているわけで、ものすごい速度で吹いているのです。
その迫力に聴いている側は酸素を奪われそうになります。
どの曲もゆったりと静かな部分もあるのですが、同じくどの曲も激しく盛り上がっていくわけですから、そりゃ聴くほうも背筋がのびます。

例によって、田嶋さんの軽快なトークも入り、随所で笑わせてくれながら、素晴らしい雰囲気の中進行していきました。
アンコールでは、とびきりのネタで、会場は大爆笑でした。

パーティーもおおいに盛り上がり、楽しい一日になりました。
出演者、お客様両方に感謝です。

邦楽四重奏団プレイズ

昨日(1月22日)、すみだトリフォニーホールに、邦楽四重奏団のコンサートを聴きに行ってきました。
洋楽器とのコラボで、下山一二三さんという作曲家の作品の演奏。
邦楽四重奏団の演奏する曲は、私ににとって、かなりハードルの高いプログラムばかりですが、今回は洋楽器とのコラボだったので、また毛色が違って聴く耳も変わるかなと思って。
演奏前にプレトークの時間があるというので、早めに現地到着。

企画の山本和智さんと下山一二三さんによるトークでした。
下山さんと言う人を存じ上げなかったのですが、青森県弘前市のお生まれだということに興味をそそられました。
作曲活動中、能の勉強をされたり、大鼓のレッスンに通われたりと、邦楽にも造詣が深い方でした。
鼓も先生にプロにならないかと誘われたほどの腕前らしいのですが、「邦楽」という枠にはまることを敬遠し、作曲活動に戻られたとか。
とても魅力的な方でした。1930年生まれ。現在86歳。かくしゃくとしていらっしゃいました。

20分後、演奏開始。
・・・・・やはり難解・・・・
ちょっと困った・・・・・

プログラム4曲目に「レクイエム津軽」と言う曲があり、尺八、バリトン、チェロ、津軽三味線のコラボとあったので、ひとまずそこに目標を置いて。
2曲目、3曲目とレベルの高い曲が続きました。
そして、いよいよ4曲目「レクイエム津軽」。

下山氏自身の作詞でもあるので、一部ここに書いてみます。

雪。雪。雪。雪。 (ユギユギユギユギ)
ぼだらぼだらと降ってくる雪。(ぼだらぼだらとふってくるユギ)
のそのそと降る雪。(のそのそとふるユギ)
夜でも日中でも降ってくる雪。(バゲでもシルマでもふってくるユギ)
地蔵様の頭コも(ジンジョサマのアダマコも)

天守閣もやまも川も。(てんしゅかぐもやまもかわも)
雪。雪。雪。(ユギユギユギ)
俺の額さも雪ァ降る。(ワイのナヅキさもユギァふる)
雪の花コ。花コの雪コ。(ユギのはなコ はなコのユギコ)
雪。雪。雪。雪。(ユギユギユギユギ)

弘前サ生まれで、弘前で生長テ。(シロサギサマレデ シロサギでオガッテ)
今ァ 東京ネ居る津軽衆一人。(いまぁとうきょうニァいるツガルシュヒドリ)
寒ぐて、凍れるバテ、(サビぐて シバレルバテ) 
きれいだ津軽の(きれいだつがるの)
雪コ。(ユギコ)
思い出しているノセ。(おもいだしているノセ)

後略

()内は発音です。津軽弁です。
これを朗々と深いバリトンで謳いあげる。
「ゆき」ではないんです。「ゆぎ」でなければ、北国の雪ではないんです。
全編津軽弁。方言のもっている魅力というのか、魔力というのか。私自身北国生まれだから感じるのか。特別な響きです。
いつしか、あのふるさとのしんしんと降り積もる雪の中に埋もれている自分がいました。

プレトークのなかで、山本和智さんが、こんなこともおっしゃってました。
「メルヘン」と言う言葉について。(うろ覚えなので、正確ではないかもしれませんが)
メルヘンというのはドイツ語だそうで。
この「メルヘン」という言葉は、どの国の言葉にも翻訳できないというお話。
ドイツにある、ある深い(であろう)森の中に独りたたずんだ時、恐怖のあまりふと頭の中に浮かんだ光景のみを「メルヘン」といえるのだというのです。
そこでしか、その場所でしか味わえない事象。感覚。
代替はないのです。
「ゆぎ」とおんなじです。

声とことばと尺八とチェロと津軽三味線と。気づかないうちに「コラボ」として、私の中で一体化してたと思います。

茅ヶ崎市民文化祭

11月1日、茅ヶ崎市民文化会館にて、演奏に参加してきました。

錦秋の会でご一緒した尺八の鈴木進さんが会員で、助っ人を頼まれたので。

会場は1200人入ると言う大ホールです。
とてもびっくりしたのが、楽屋の部屋数です。とにかく多い。各社中それぞれに部屋が持てるので、練習もできるし、ばたばたしなくて済みます。
そして、それよりもっとびっくりなのが、舞台の袖の広さ。
ここが舞台じゃないんですか?と言うほど広い。
わが人生で見た袖としては最大。

舞台進行は池上眞吾先生の父上の實(まこと)氏。
あらかじめ進行表と舞台配置図が、各社中に配られました。(實先生作です)
本番中はそれこそ舞台袖で一切合財指示してくださるのです。
舞台監督がすぐそばにいてくれるのは、こんなにも安心なんだと実感しました。

曲は「時鳥の曲」。筝2面に、尺八5人。音量のバランスがとても不安だったのですが、マイク無しということになっていました。
でも出番の直前、ホールスタッフが私のところに来て、マイクの手配をしましょうかと言ってくれて。
「バランスが悪かったらオンにしてもらえますか?」と聞くと、「そうしましょう」と。
本当にありがたかった。初めての会場だし、音響わかんないし。
会場のシステムとか、まったくわからないけど、ホール側からそんな申し入れをしてくれるなんて、感激です。
相方は佐藤光代さんでしたので、演奏についての不安はなかったけど、音量のバランスだけが気になっていましたから、本当に助かりました。

いろんな事にびっくりぽんの世界でした。

終了後、眞吾先生から演奏のご助言までいただき、感謝感激な一日でした。

澤村祐司さんの初リサイタル

10月10日は、澤村君の初リサイタルでした。
紀尾井小ホールです。

私は楽屋のお世話係りをおおせつかっていたので、他のスタッフと3日前に打ち合わせ。
紀尾井の楽屋は当日初めて入りましたが、とにかくきれい。そして広い。
びっくりでした。

満席の大盛況、大成功でしたが、受付廻りは大変だったろうと思います。
外部のあわただしさが楽屋に響かないよう、緊張しました。
良い経験です。

裏方なので、演奏についての感想が書けず残念ですが、ともかく成功おめでとう!でした。

1 2 3 4 5 6 9